木造住宅 寿命

木造住宅の寿命は30年

木造住宅の寿命は何年か?

木造住宅の寿命はどれくらいなのでしょう?

 

日本の木造住宅の平均寿命は約30年といわれています。

 

短いと感じますか?
それとも長いと感じますか?

 

やはり30年では短いですね。

 

人生80年ありますから、せめて人の一生はもって欲しいものです。

 

本来、木は丈夫で耐久性に優れているものです。その証拠に日本には法隆寺に代表されるように、古くてすばらしい木造建築がたくさん残っているではありませんか。建築後約1300年以上たった今でも、その強度は落ちていないのです。

 

木造住宅の寿命は何年か?

一般の木造住宅に関しても、100〜200年では強度が落ちないことが研究でも証明されています。

 

しかし、きちんとしたメンテナンスを行わなかったり、湿気やシロアリの発生によって腐敗したり、もともとの施工不良などがあってはせっかくの木造住宅の寿命も短くなってしまいます。

 

地震や台風に対する構造計算をきちんとし、湿気による劣化対策や正しいメンテナンスを行っていけば、普通の木造住宅でも約100年は持つはずです。

 

木は鉄やコンクリートと比べても、その特性は優秀です。木には伐採されても、樹木として生きてきた年月だけ生きる生命力が備わっています。

 

木造住宅の寿命は何年か?

したがって木は伐採された後も強度を保つことが出来るのです。それはとても神秘的ですごいことだと思いませんか?

 

やはり木造で出来た家は、私たち人間同様に生きているのです。

 

それに対して鉄やコンクリートは、造られた時から劣化が進んでいきます。木造住宅の寿命を延ばすことは、環境にもやさしいことになります。

 

新築する時にしっかりしたメーカーを選び、建てた後もきちんと維持していくことで住まいの寿命を延ばしましょう。

 

 

<< │ トップページ │ 木造住宅の耐久性 >>